WindowsとMac ってどっちがおすすめ?

目次

パソコンを購入する場合 WindowsとMac どちらかを選択しなければなりません。
普段からアップル製品を使っている人は、同じもので揃えたいという意識から
無意識にMacの選択している人もいるでしょう。
用途によってどちらが本当に必要なのか、今回は違いについて説明していきます。

目次

何が違う?

まず初めに大きく異なる点としては【OS】が違う所です。
OSとは・・・「端末全体の管理・制御」⇒ユーザが簡単に操作できるように重要な役割をしている
Macの場合は「Apple」がOSの開発をしています。
Windowsの場合は「Microsoft」がOSの開発をしています。

Macの特徴

・全てのパソコンがAppleで作られているため、見た目が似ている
・パソコンの起動速度が速い
・他のapple製品との互換性がある
・トラックパッドが優秀なため、マウスを使う人が少ない
・一律して高額

Windowsの特徴

・パソコンを作っている会社が複数社あるため、形や色味などにちがいがある
・SSD搭載のパソコンとHDD搭載のパソコンがあるため、起動速度に雲泥の差がある
・機能性、互換性が非常に良いため、想像したことがすべて実行に移せる
・マウスを使用する人が多い
・性能によって安いものから高いものまでピンキリ

プログラミング言語の違い

基本的にどちらのOSでもプログラムを書くことは可能ですが、
Swift、Objectiv-CMacでしか扱えません。
また、Macは「Ruby」「Python」といった今人気の言語にとても優れいています。

ゲームをするなら

ゲームをするなら圧倒的にWindowsがおすすめです。
Windowsを扱っている人口が多いため、その分ゲームの数が
Macが7000程度の対して、Windowsは20000もあります。

クリエイティブに向いているのは?

これは一概にどちらが向いているとは言い難いです。
ですが、Macではwindowsのアプリケーションも使える他に
Mac専用のアプリケーションも使えるので
そういった点ではMacの方が向いているのかもしれません。

まとめ

結論・・・好きな方で良い!?
ゲーム目的、値段を気にするならWindows、見た目やMac専用のアプリケーションを使いたいのであればMacとなるのでしょうか。
私は両方使ったことがるのですが、
立ち上がりの速さ、動作の軽快さの面ではMac
周りがWindowsだったため、プログラミングをするならWindowsといった感じです。

目次
閉じる