「USB」の基礎知識や使い方を解説!

目次

パソコンやスマホなどに外部機器をつなぐために使用されるインターフェースといえば「USB」ですよね。
だれもが日常的に使用しているものですが、何かよくわからずに使っていませんか?
今回は知っているようで意外と知らない、USB規格について解説します。

目次

そもそもUSBとは?

USBは、ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)頭文字を取った規格のことです。
パソコンに周辺機器を接続するための規格のひとつで、最近のパソコンは基本的にUSBコネクターを接続できるようになっています。
最近ではスマホの充電器や他の電化製品にも使われることが多くなってきました。

昔は機器ごとに様々なコネクタが使用されていたのですが、機器ごとにコネクタの形状が異るのは不便だと言うことで、このUSB規格が開発され、規格が統一されました。
それまでのコネクタはネジ止めが必要で手間がかかったり、接続する際にPCの電源を一度オフにしなければ繋がらなかったわけですが、このUSBはネジ止めや電源を落としてから接続などといった煩わしい作業が不要になり、この「接続が簡単」ということから人気を集め、世界標準になりました。

USBのバージョンについて

USBにはバージョンがあり、それぞれ転送速度が異なります。
対応していないバージョンもあるためどのバージョンに対応しているかしっかりと確認しましょう。

USBのバージョンが違うと何が変わってくるのかを紹介します。

・USB1.0
1996年に初期のバージョンであるUSB 1.0が登場。
最初のUSBは転送速度が非常に遅く、画像ファイル1枚を送るのに数分かかってしまうほどで、キーボードやマウスなどの周辺機器にしか使われませんでした。
とからUSBは大きく普及しました。
転送速度は最大12Mbps。

・USB1.1
1998年に登場。
USB1.0の規格仕様の電源管理等が改善されました。
USB1.1が登場したのは「Windows 98」や「iMac」が登場した年でもあり、これらが標準でUSBに対応したことでUSBは大きく普及することになりました。
転送速度は最大12Mbps。

・USB2.0
2000年に登場。
USB1.1の規格仕様にHi-SPEEDモードが追加され、USB1.1と同じコネクタを使い、約40倍というデータ転送速度を実現しました。
転送速度は最大480Mbps。

・USB3.0
2008年に登場。
USB2.0と比べて転送速度が約10倍に向上、超高速データ転送ができるインターフェースとして普及が進んでいます。
コネクタのソケット部分が青色になっており、前バージョンと区別することができます。
転送速度は最大5Gbps。

・USB3.1
2013年に登場。
USB3.1Gen1とUSB3.1Gen2が存在し、転送速度がそれぞれ違います。
USB3.1Gen1はUSB3.0と同じで転送速度が5Gbps、USB 3.1Gen2はその約2倍の10Gbpsとなっています。

USBメモリについて

USBメモリは、USBコネクターに接続して使う事のできる記憶ストレージのことです。
PCについているコネクターに差し込むことで接続することができます。
記憶媒体にはフラッシュメモリが使われており、データの読み書きが速いと言う特徴があります。

とてもコンパクトなので持ち運びに優れており、外付けHDDや外付けSSDと同じように使うことが可能です。
このUSBメモリに使われているフラッシュメモリには寿命があるため長期的な保存には向いていません。

紛失する恐れがあることや寿命が他のものより短いという欠点があるため、データの持ち運びや短期保存するためのものとして利用することをおすすめします。

USB3.0以降の注意点

USB3.0を扱うには少し注意が必要です。
実は、USB3.0は素早く差し込まないと2.0と同一に認識されてしまいます。
これは、不具合などではなく、USB3.0の正式な仕様だそうです。
なぜこのような仕様になっているのかというと、USB3.0のコネクターはUSB2.0と互換性を保てるように2.0のコネクターの奥(根本)に3.0用の端子を追加した物になっています。
このため、接続の際に奥まで差し込んで初めて3.0と認識されるようになります。
なおかつ、素早く差し込まないと、2.0の部分しか読み取らないため、素早く奥まで差し込こまなければ3.0として認識されません。

まとめ

いかがでしょうか。
普段何気なく利用しているUSBにもバージョンなどがあるため、正しく利用しましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

目次
閉じる