プログラミングを始めるために必要な準備

目次

プログラミングを始めてみたい、興味はあるけど何をすればいいかわからない。
よく聞く悩みだと思うので、プログラミングに必要な準備を紹介していきます。

目次

そもそもプログラミングとは

プログラミングは、コンピュータにさせたい行動を、順番に書き出すことを指します。
コンピュータに命令するには、日本語や英語でなく、機械語で伝えなければ伝わりません。
この機械語がプログラミング言語ということです。

プログラミングは、様々なものに使われています。
TwitterやInstagramなどのSNS、テレビのリモコンや電子レンジなどの家電製品などにも多く使われています。

プログラミング言語は250種類以上存在していますが、最近使われているものは10分の1ほどです。
プログラミング言語にはそれぞれ用途があるため、自分がやりたいことを決めてから学ぶことをおすすめします。

プログラミングに必要な準備

プログラミングに必要な準備は3つあります。

1.パソコンの購入
プログラミングを始めるにあたり、必ず必要になるのがパソコンです。
パソコンは、プログラムのソースコードを書くために使います。
一般的には、8GB以上のメモリがあれば、ソースコードの作成やプログラムの実行などを快適に行なえると言われています。

移動先でプログラミングをする可能性がある場合はノートパソコン、家でしかプログラミングをしない方はデスクトップをおすすめします。
パソコンのOSは「Windows」「MacOS」の2つが代表的です。iOS、MacOS対応のアプリケーションに興味がある方はMacOSを、それ以外はWindowsを選べば基本的には問題ありません。

2.ネット環境の準備
プログラミングを始めるのにはネット環境が必要になってきます。
プログラミングソフトをインストールする際や、わからない部分を調べるなど、ネット環境は必須です。

3.学びたい言語とそれを学べる環境
プログラミング言語にはそれぞれ用途があるため、自分のやりたいことに合わせ、言語を選ばなければいけません。
適当にプログラミング言語を選び、結果やりたいことがその言語でできなければ勉強時間が無駄になってしまいます。
なので、最初にやりたいことを決め、学ぶ言語を選ぶところから始めましょう。

言語を選んだら、次は教材です。
基本的には下記の方法が一般的です。それぞれメリットデメリットがあるため、自分にあった方法を選びましょう。

・自分の学びたい言語の本を買う
本屋やインターネットで購入することができます。
種類が豊富なので、評判は調べてから購入しましょう。

・インターネットで調べる
Progateなどのサイトやプログラマーのブログなどを見て学ぶ方法です。
手探りな分時間はかかりますが、無料で学ぶことができます。
時間に余裕のある方や、友達などに聞ける環境が整っている方におすすめです。

・プログラミングスクールに通う
有料になってしまいますが、人に聞ける環境があります。
人に相談できる分、途中でやめてしまったり、挫折することはすくないかと思います。
人に聞けないと学習が難しい方におすすめです。

まとめ

プログラミング学習には、やる気と根気が必要になってきます。
疑問点はそのままにせず、必ず紐解いて勉強することがコツです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

プログラミングスクール「1st step」

プログラミングスクールを検討している方は1st stepでプログラミングを学びませんか?
1st stepでは、未経験の方でもプログラミングに取り組んでいただけるようにプログラミングソフトのインストール方法から丁寧にお教えいたします。
もし今少しでもプログラミングに対しての悩みがある方は、無料でカウンセリングを行っているので、お気軽にご予約、ご相談ください。
実際に購入する予定がなくても問題ありません。どの言語を学べばいいか、自分のやりたい事にあっている言語は何なのかなどの疑問に現役エンジニアがお答えします。

軽い質問であれば、TwitterのDMでもお答えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

1st step公式ページ:https://1st-step.jp
1st stepカウンセリング予約ページ:https://1st-step.jp/reserve
1st stepTwitterアカウント:@_1st_step_

目次
閉じる