ITエンジニアは英語力を持っていると有利!メリットを解説!

目次

ITエンジニアと英語力って関連性あるの?英語はちょっと、、、という方もいらっしゃると思います。しかし、ITエンジニアには英語力が必要であり、英文を読解できることは有利に働きます。最近では企業の採用選考の際にもTOEICの点数は選考基準の一つとして重要視されています。

今回はITエンジニアにとっての英語力とは、ITエンジニアに英語力が必要である理由やメリットについて解説していきます!他のエンジニアと差をつけたい、海外の最新技術を取り入れて活かしていきたい、そういった思いを持った方は是非一読ください。

目次

エンジニアにとっての英語力

一般的に言われる英語力とは、「Writing」「Speaking」「Listening」「Reading」の4つのことです。これは学校などで学習してきたと思いますが、ビジネスでの英語力はまた変わってきます。

ITエンジニアという視点で必要になってくる英語力とは、「Reading」の能力です。ITエンジニア業界の最新情報は欧米などのIT先進国から発信されますが、内容は全て英語で書かれているため、「Reading」の能力が必要というわけです。

このようにIT技術の最新情報を取り入れるためには英文を読解できる力が不可欠です。ITエンジニアと英語力は密接に関連してくることがわかったと思います。

近年はIT企業の多くが求人情報に英語を条件(TOEIC○○点以上など)としています。転職を考えている方や、エンジニアとしての市場価値を高めたいという方は英語力(英文を読解できる力)を養っておくと良いでしょう!

ITエンジニアが英語力を習得するメリット

ITエンジニアが英語力を養っておくことで多くのメリットを得ることができます。どういったメリットがあるのかご紹介します。

IT業界の最新情報を取り入れることが出来る

IT業界の最新情報や最新技術は全て英語で発信されます。それはIT業界の最先端は日本ではなくアメリカなどであるためです。

英文を読解できることで、最先端技術の情報をいち早く取り入れられるので、他のエンジニアに差を付けることができるようになります。

この最新技術をいち早く取り入れることで、エンジニアとしての市場価値を大きく向上させることができます。

専門的な文章が理解できる

プログラミング言語や、エンジニアが使用するソフトのマニュアル等は英語で記載されていることが殆どです。

マニュアルに載っていることをググって調べたりすることを度々行っていると時間のロスが大きいです。また、翻訳機能などを使うと本来の英文を正しく理解できない可能性も高くなります。

しかし、英語力があれば時間を掛けずに英文を正しく理解することができます。

そうすると、効率的に技術を習得することができるため、エンジニアとしての成長スピードが上がるメリットがあります。

キャリアの選択肢が広がる

アメリカやカナダなどのIT先進国で働きたい!将来海外で働きながら暮らしたい!そういった思いを持っている方は英語力を養うことで、海外のIT先進国で働くというキャリアを選ぶことができるようになります。この場合、読解能力だけでなく総合的で高度な英語力が必要になってきますが、ITスキルに加え英語力を養うことで、IT先進国で働くという夢のあるキャリアが選択しに入ってくるという大きなメリットがあります。

まとめ

・ITエンジニアにとっての英語力は「Reading」の能力
・ ITエンジニアが英語力を習得するメリットは大きい
・ IT業界の最新情報を取り入れることが出来る、専門的な文章が理解できる

今回はITエンジニアにとっての英語力とは、ITエンジニアに英語力が必要である理由やメリットについて解説してきました。

現在エンジニアの方でキャリアアップしていきたい。海外でのキャリアも視野に入れている。そういった方は是非英語力を強化しましょう。

これからエンジニアを目指しているという方も英語力を養っておくことをおすすめします。

早いうちから英語の学習を進めておくと、ITエンジニアとしての市場価値を大きく向上させることにつながるでしょう!

目次
閉じる