ノートパソコンとデスクトップパソコンの違いは?どっちが優れてるの?

目次

パソコンを購入する際にOSや性能の他に、ノートかデスクトップでも迷いますよね。
今回はそんなノート、デスクトップそれぞれのメリットデメリットを紹介していきます。

目次

ノートパソコンの特徴

ノートパソコンはその名の通りノートのように折りたたむことができ、持ち運びやすい携帯性を備えています。
バッテリーを内蔵しているため、充電すればコンセントがない外出先でも使用することができます。
また、ノートパソコンにはタッチパッドが搭載されており、マウスを使用しなくてもマウス操作をすることが可能で、マウスが置けない外出先ではとても便利な機能となっています。

デスクトップパソコンの特徴

基本的には持ち運ばず、決まった場所に設置して使用するのがデスクトップパソコンの特徴です。
デスクトップパソコンといえば大きいテレビのような見た目をイメージしますが、実は四角い箱が本体で、画面部分はモニターといいます。
デスクトップパソコンを購入する際は、モニターやキーボード、マウスなどの周辺機器は自分で購入する必要がありますが、その分拡張性に優れており、好みの環境を作ることができます。
また、本体とモニターが一体になったのオールインワンタイプのデスクトップパソコンもあるのでデスク周りを広く使う方はそちらをおすすめします。

ノートパソコンのメリット

・外出先で使用することができる
ノートパソコンはコンパクトに折りたたむことができ、軽量モデルが多いため、どこでも好きな場所で使用することができます。

・省スペースな設計
デスクトップパソコンと違い、一度ノートのように開けば、モニター、キーボード、タッチパッドが内蔵されているため、とても小さいスペースでも問題なく利用することができます。

・消費電力が少ない
ノートパソコンは省電力なパーツをが使用されており、電力消費を高くしないためのさまざまな工夫が施されています。
液晶が小さく設計されているのもその工夫の一つです。

・デスクトップパソコンと比べ安く購入できる
デスクトップパソコンのように、本体の他にモニターやキーボード、マウスなど周辺機器の購入が必要なく、本体購入のみのため、安く購入することができます。

ノートパソコンのデメリット

・性能を選ぶならノートは劣る
性能で選ぶなら、デスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。
特に、グラフィック性能を重視したい方はノートパソコンはおすすめできません。
グラフィック性能を向上させるパーツは、パソコン内部にスペースがないと設置することができません。

・拡張性が低い
ノートパソコンはコンパクトにまとまっている分、パソコン内部のパーツが凝縮されています。
なので、CPUの交換ができないなど、拡張性にどうしても限りがでてきてしまいます。

デスクトップパソコンのメリット

・パフォーマンスが高い
省電力設計されているノートパソコンに比べ、デスクトップパソコンはサクサク動きます。
冷却性能にも優れているため、熱がこもりにくく、安定した長時間の利用が可能です。
起動が早く、ソフトの立ち上げにも時間がかからないため、ストレスなく長時間利用することが可能です。

・拡張性が高い
デスクトップパソコンは高い拡張性を備えています。
パソコン内部へのアクセスが容易で、拡張スロットが搭載されているため、自分でカスタマイズすることができます。
自分のやりたいことに対してのスペックが足りない場合でも、カスタマイズすることで条件をみたすことができます。

・破損リスクが少ない
ノートパソコンと違い、持ち運びなどを行わないため、落としてしまったり、どこかにぶつけてしまうリスクが少ないです。
これにより、結果パソコンの寿命がノートパソコンよりも長くなる場合があります。
モニターやキーボードが別のため、これらが壊れてしまった場合でも、パソコン本体を修理に出す必要がありません。
パソコンを触れない期間がノートパソコンよりも短くなります。
盗難にもほとんどあいません。

・好みの周辺機器を揃えられる
デスクトップパソコンは周辺機器を別で買わなければいけない反面、自分の好みの環境を用意することができます。
大きいモニター、好きな形のキーボードやマウスを用意することで、ストレスフリーな環境を整えることができます。

デスクトップパソコンのデメリット

・停電時に利用できない
デスクトップパソコンはバッテリーが内蔵されていないため、停電時に利用することができません。
電力の供給がない場所では、利用できないのです。

・ホコリが溜まりやすい
ノートパソコンと違い持ち運びなどを行わないため、ホコリが溜まりやすいです。
定期的に掃除しないとショートしてしまったり、排熱性能が落ちてしまうため注意が必要です。

・購入金額が高い
ものにもよりますが、本体代の他に、周辺機器を揃える必要があるため、必然的にノートパソコンよりも値段が高くなってしまいます。
最低でも、モニター、キーボード、マウスを購入する必要があります。

まとめ

ノートパソコンとデスクトップパソコンは一長一短です。
自分の用途にあった方を購入しましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

プログラミングスクール「1st step」

パソコンの購入予定があるなら、購入後にプログラミングに挑戦してみませんか?
1st stepでは、未経験の方でもプログラミングに取り組んでいただけるように完全未経験者向けのカリキュラムを組んでいます。
もし今少しでもプログラミングに対しての悩みがある方は、無料でカウンセリングを行っているので、お気軽にご予約、ご相談ください。
実際に購入する予定がなくても問題ありません。どの言語を学べばいいか、自分のやりたい事にあっている言語は何なのかなどの疑問に現役エンジニアがお答えします。

軽い質問であれば、TwitterのDMでもお答えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

1st step公式ページ:https://1st-step.jp
1st stepカウンセリング予約ページ:https://1st-step.jp/reserve
1st stepTwitterアカウント:@_1st_step_

目次
閉じる