Webサイトやシステム開発に使われるプログラミング言語「JavaScript」

目次
目次

①JavaScriptとは

JavaScriptは、現在現役で使われている主要なプログラミング言語のなかでも、Webサイトやシステム開発などに用いられる言語です。

JavaScriptは、今から約27年前の1995年に、ネットスケープコミュニケーションズ、Mozilla Foundationによって開発されたプログラミング言語です。

よくJavaと間違われますが、全くの別物なので、間違えないように注意が必要です。

②JavaScriptの特徴や用途

JavaScriptは、ブラウザで動きを加えることができるプログラミング言語です。
これをできるプログラミング言語は他になく、JavaScriptの最大の特徴となります。

JavaScriptは、もともとWebサイトに動きを付けるために開発された言語なので当然なのですが、動きのあるWebサイトやサービスで、必ず用いられます。

他にも、イベント処理やスマホアプリなどでよく利用されています。

③JavaScriptを学習するメリット

JavaScriptは、他のプログラミング言語と比べ、構文がシンプルなので、初心者でも学びやすい言語となっています。

通常、プログラミングを学習するには、環境構築が必ずと言っていいほど必要になってきます。
ですがJavaScriptは、環境構築が必要なく、ブラウザさえあれば実行することが可能です。
JavaScriptは、Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox、Safariなど、ほとんどのブラウザに対応しており、実行することが可能です。

また、将来性も高く、仕事の幅も広いため、今から学習を始めても十分なメリットがあります。

まとめ

JavaScriptは、動きのあるサイトでは必ず使用されている
環境構築が必要ないため初心者でも学びやすく、将来性も高い

今回はJavaScriptについて解説していきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

目次
閉じる