ゴールデンウィークを過ぎた頃にくる憂鬱「五月病」から抜け出すための方法!

目次

ゴールデンウィークなどの大型の休みの時に陥ってしまうと厄介なのが「5月病」です。
一度陥ってしまうと気分が優れず、勉強や仕事に対するやる気がなくなってしまいます。
今回はそんな「五月病」から抜け出すための方法を紹介していきます。

目次

そもそも五月病って?

5月の連休のあと、会社や学校に行きたくなくなり、何故か体調がすぐれない、勉強や仕事に身が入らないなどの状態を「五月病」と言います。
症状は様々で、やる気が出ない、食欲がない、眠れなくなるなど、が代表的な症状です。
これらの症状がきっかけとなり、体調不良で欠勤や欠席などが続く様になってしまいます。

なぜ五月病になってしまうの?

五月病の原因は主にストレスと言われています。
新生活が始まり、進学、就職、転居など、環境の変化が多い新年度は、ストレスが溜まりやすい時期です。
五月病というのは正式な病名ではなく、医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害、不眠症などの名前が症状により当てられます。

五月病は誰でもかかる可能性があります。
受験や就職など、大きな目標を達成すると引き起こる燃え尽き症候群のような状態に陥っている人、環境が大きく変わり周りにうまくなじめないという人は、ストレスをため込みやすい傾向にあるので注意が必要です。
また、几帳面でまじめ、責任感が強い人は五月病の原因とされる適応障害、うつ病などの病気になりやすい人です。
こういったタイプの人は一人で抱え込んでしまい、悩んでしまうので、しっかり周りの人に協力を求めましょう。

五月病の直し方は?

五月病のほとんどは一過性の症状で、適度な休息で改善することができます。
ですが、会社や仕事が苦痛に感じるなどの、仕事に支障が出るような重症の場合は早めに医療機関を受診しましょう。

五月病はストレスを解消することで改善する場合もあります。
ストレスを解消するにはバランスのとれた食事適度な運動質のよい睡眠、が効果的です。
これらは、健康を保つ上でとても重要な事になります。今一度、自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

五月病は誰でもなり得る病気の1つです。体に異変を感じたら、すぐに対処しましょう。
また、ストレスと距離を置くことで、未然に五月病を防ぐことも可能です。
今ストレスを感じているなら、すぐに解消しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

目次
閉じる