データベース言語「SQL」って?何ができるの?

目次

データベース言語の一つであるSQLはデータベースの定義や操作を行う際に使用されます。
ISO(国際標準化機構)で規格が標準化されているため、SQLを学習すれば他のデータベースでも同じように操作することができます。

今回はSQLの名前しか知らない方や、今からSQLを学びたい方に向けて、SQLを学ぶメリットや特徴を紹介していきます。

目次

SQLとは

SQLは、リレーショナルデータベースに蓄積したデータを操作、定義するためのプログラム言語です。
「エスキューエル」「シークェル」「シーケル」などと呼ばれることが多いです。
1970年代、IBMが世界初のリレーショナルデータベース管理システム「System R」を開発し、System Rの操作を行う「SEQUEL」が現在のSQLのベースになっています。

SQLを覚えると、データベースに保存されている膨大な量のデータの取得・更新・削除・追加などを効率的に行うことができます。
ISO(国際標準化機構)で規格が標準化されているためSQLを習得しておけば、MySQLやOracleなどのデータベースが変わっても、操作することができます。

SQLを使うと何ができるの?

SQLを使うことでデータベースのデータを操作することができます。
また、エクセルと連携させることで複雑な作業を効率化させたり、Webアプリケーション開発にも使用されています。

・データの検索
・データの取得、登録、更新、削除
・データベースやテーブルの作成
・テーブルの結合
・トランザクション制御

SQLの特徴

SQLは、プログラミング言語のようにソースコードに命令を順番に記述して実行するわけではなく、対話のように文をやりとりして命令を行います。
命令文をデータベースに送ることで、データベースが反応します。基本的に一文で完結し、複雑な処理を行う場合は、返ってきた処理の結果に対して命令を送るという動作を繰り返し行い、データベースと対話するように命令文をやりとりします。

注意

SQLはプログラミング言語と間違われる事がありますが、正しくはデータベース言語です。
データベース言語とは、データを管理するプログラムに求める処理を命令する制御言語といい、データを管理して、ユーザーが指定した条件に合致するものを見つけ出すためのものです。それ以上の機能はありません。
ほかの言語とは文法や仕様がまったくの別物であるため注意が必要です。

まとめ

SQLを学ぶことでデータベースに保存されている膨大なのデータを効率的に操作することができます。
またSQLは国際標準化されているため、SQLさえ覚えていればデータベースが変わったとしても、問題なく操作することができます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

目次
閉じる