パソコンに入っている使える標準ソフト3選

目次

パソコンには標準で搭載されているソフトがあります。
今回は意外と知られていない便利な標準ソフトをご紹介します。

目次

1、Snipping Tool

パソコンのスクリーンショットを部分的に行いたいときに、このソフトが役に立ちます。
Snipping Toolを立ち上げると画像のような画面が出てきます。
新規作成を選択することで部分的なスクリーンショットが可能です。
モードを選択することで、自由切り取り、ブラウザ切り取り、全画面切り取りが可能です。
また、遅延を選択することで、スクリーンショットの機能を遅延させることができ、カーソルを合わせていないと表示されない対象に対してとても有効です。

2、電卓

言わずとしれた便利ツールですが、実は標準でパソコンに入っている機能です。
標準の電卓機能はもちろん、関数や日付、面積や速度といった計算が可能で左上の≡ボタンから形式を変更することができます。
また、右上の時計ボタンから履歴を確認、選択することができるので計算を誤ってリセットしてしまっても問題ありません。

3、付箋

その名の通り付箋のアプリです。
デスクトップの画面内に付箋を貼るようにメモを表示させることができます。
左上の+からメモの追加、右上の…から付箋の色の変更、メモの一覧表示、メモの削除が可能です。
下の項目から文字効果の選択や画像を貼ることができます。

アプリの起動方法

画面左下の検索画面から、該当するアプリの名前を検索することでアプリを起動することができます。

まとめ

存在を知らなかった方や知っていたけど使っていない方はぜひ一度使ってみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

目次
閉じる