OSって何?

目次

皆さんは「OS」を知っていますか?
パソコンを使っているとちょくちょく耳にする言葉です。
今回は、そんな「OS」について説明していこうと思います。

目次

OSとは

PCの基本的な機能を提供しているソフトです。
Operating Systemの略称であり、よく耳にする「Windows」や「Mac OS」が該当します。

役割としては、ハードウェアとユーザー、応用ソフトウェアとハードウェアの間を繋ぐ役割を果たします。
他には、CPUやメモリなどのリソースに対して、効率的な管理を行ったり、ユーザーや応用アプリに標準的な仕組みや見た目などを提供してくれます。

OSの種類

OSにはいくつかの種類が存在しており、有名なもので言うとWindows、MacOSが存在しています。
一般的に利用されているOSは下記の通りです。

PCに用いられているOS
Windows
macOS
Unix ( LinuxやBSDなど含む)
Solaris
Tron
vx-works
MVS

スマートフォン用のOS
Android
iOS

Windowsを使うメリット

「Windows」は「apple社」以外のほとんどのメーカーのPCに搭載されているOSであり、価格や、オリジナリティーのある一台を選ぶことができます。また、「Windows」を利用している施設が多い為、基本をマスターしたい方は「Windows」を選ぶべき多と考えられます。

Macを使うメリット

「MacOS」を選ぶメリットは、高い性能とフラットなデザイン、そしてiPhoneやiPadなどのApple製品と組み合わせて使うことで得られる抜群の利便性です。

OSの機能について

OSの機能は主に5つです。

メモリの管理
OSはメモリの管理、保護の機能があり作業場として使われます。

ファイルの管理
OSは、ファイルシステムというデータを管理する機能があります。
ファイルやフォルダなどのデータの格納方法です。

タスクの管理
スケジュール管理や進行管理をすることができます。

ハードウェアの管理
マウスやキーボード、ディスプレイなどの周辺機器を制御、管理しています。

ユーザーインターフェース
ユーザーとコンピュータ間での情報伝達窓口の役割を担っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
PCを買ってすぐだと覚える言葉が多くてなかなか大変ですよね。

目次
閉じる